AGA遺伝子を知りたければネットで調べるといいでしょう

AGA治療には飲み薬のプロペシアやミノキシジルを含んだ塗り薬が使われます。

プロペシアをもらうためには病院で処方箋や指示書を出してもらわなければ入手できません。

ミノキシジル配合の育毛剤は処方箋が不要なので薬剤師がいるドラッグストアで販売されています。

ミノキシジルにはプロペシアと同様に飲み薬もありますが国内でAGA治療に認可されているのは塗り薬だけです。

ミノキシジル内服薬はインターネットで買う事ができますが100%自己責任なのでお勧めすることはできません。

AGA治療で使われるフィナステリドやプロペシアといったものには初期脱毛という副作用を起こすことがあります。

念願の毛が生え始めたのに抜け落ちてしまうというのは薬が合っていないのではないかと不安になってしまいますね。

しかし、初期脱毛というのは薬効がではじめたという事ですので心配しなくても大丈夫です。

初期脱毛で抜けていく毛は薄毛の病気にかかっている不健康な髪の毛なのでそれらが抜けた後に健康で丈夫な髪の毛が生えてくるというわけです。

初期脱毛はAGA治療を開始してから1から2ヶ月の間に発症しミノキシジルを使用した場合でもこういった副作用があります。

AGA治療のガイドラインで認められているプロペシアにはAGA治療に効果的な数少ない薬です。

しかし、どのような薬にも副作用があるので服用前にどんな副作用があるのかを知っておきたいところです。

プロペシアの副作用で最も重いものは肝機能障害ですが障害は血液検査で調べることができますので使用前後の変化をチェックしておきましょう。

また、プロペシアは前立腺がんの治療薬でもありますので前立腺がんの検査数値に誤差が生じることもあります。

他にも長期間服用することで男性でも乳癌を発症したりアレルギーやうつの発症を起こす可能性があります。

AGAは遺伝による要因が大きいので根本的に完治できるということはありません。

AGAを発症する人は遺伝子によって決まってしまうので遺伝子を組み替えない限りはAGAは治りません。

ですから、AGA治療をやめてしまえば再び脱毛や薄毛は進行してしまいます。

しかしながら、AGA治療で使われるプロペシアやミノキシジルは医薬品なので副作用が心配ですから、一生使い続けるのはやめるべきだと思います。

飲み薬であるプロペシアは男性ホルモンを抑える薬ですから結婚など人生の節目がやめどきだと思います。

AGAは遺伝により発症しますので個人の体質が大きな要因となるのは間違いありません。

AGA治療というのは対症療法にすぎませんのでAGAが完治するというものではないのです。

ですから、AGA治療を止めてしまうと再び脱毛などが発症して、次第に進行していくことになります。

しかし、AGA治療薬にも副作用の危険性はありますからずっと使い続けるのというのも心配がありますよね。

ですから、ある程度納得できるレベルまで薄毛が改善したと思ったらAGA治療を途中でやめるという決断をするのも1つの方法です。

AGAは男性ホルモンにより発症しますが生活習慣や食生活も大きく影響しています。

人の体というものは血液の循環によって酸素や栄養が運ばていきますので健康な体を維持するためには血流を改善することは重要です。

髪に必要である栄養素も血流によって運ばれてきますからAGA治療をしている人は血流を良くするよう心がけなければいけません。

運動不足は血管を収縮させるので薄毛治療にはよくありませんし喫煙も薄毛治療の大敵となります。

頭皮が凝り固まっている人は血流を改善するために頭皮マッサージ等を行うのがおすすめです。

なるべく安くAGA治療をするのなら育毛剤を購入するのがお勧めです。

ミノキシジルが配合された塗り薬なら薬剤師がいるドラッグストアなら処方箋なしで買う事ができます。

内服用ミノキシジルも個人輸入なら入手が可能ですが品質面で不安がありますのでお勧めできません。

頭皮の血行を改善して細胞活動を活性化させることがミノキシジルの薬効なので保険が使える医薬品で同様の効果があれば代用する事も可能です。

ぬるめのお風呂に浸かりリラックスすることや運動する事もAGA治療には有効です。

薄毛治療をお考えの方はAGA治療は病院で診察してもらい治療薬を処方してもらうことが大切です。

医療保険の適用外なので費用はかかりますが市販されている薬と比較してはるかに効果が高いのでおすすめです。

参考:【AGA遺伝子検査キット】同封書類の確認と内容の解説

効果が高いといっても、副作用が怖いという人にはミノキシジルという薬もAGA治療には有効ですから、そちらを使うのも良いでしょう。

この薬もプロペシアと同様にAGA診療ガイドラインで認められていますので信頼できる薬品です。

ミノキシジルには内服薬と頭皮に塗布する外用薬があるのですが、国内でAGA治療に認可されているのは外用のものだけとなっています。

AGA治療に効果が認められる薬品にはプロペシアという飲み薬やミノキシジルと呼ばれる塗り薬があります。

プロペシアは男性ホルモンの生成を抑制しヘアサイクルの乱れを改善する効果が期待できます。

一方、ミノキシジルには血行を促進する作用があり毛乳頭や毛母細胞を活性化させるので発毛を促進する効果があります。

ただ、この2つの薬はどちらも発毛剤として開発された薬というわけではなくもともとプロペシアは前立腺がんの治療薬として、ミノキシジルは高血圧の治療薬として現在も使われています。

プロペシアにもミノキシジルにも薄毛改善効果や発毛促進効果があることが認められたため今ではAGA治療薬としても用いられるようになりました。

AGAとはどういったものか詳しくご存知ですか?AGAとは男性型脱毛症のことで成人男性に見られる頭髪が薄くなる症状のことです。

薄毛や脱毛といったものは昔から男性のテーマだったようで巷には数多くの育毛剤が氾濫しています。

近年、やっと医療機関で治療を受けられるようになりましたが医療費は保険が使えないため自己負担診療なのです。

それでも、医師が診察してAGA専用の治療薬を処方してくれますから市販されている薬よりも症状が改善する人はかなり増えました。

しかし、残念ながらAGA治療とは対処療法なので、投薬治療を辞めてしまうと元の薄毛状態に戻ってしまいます。

AGAというものは成人男性に見られる脱毛症なので女性で発症する例はありません。

脱毛してしまう原因は男性ホルモンが起因しているとして治療方法は男性ホルモンを抑制する薬品を使うことになります。

AGAの治療薬にはプロペシアが使われますが、この薬品はDHTの生成を抑制することで効果を発揮します。

AGAが起因する脱毛箇所にはDHTが高濃度に存在していることがわかっておりこの成分こそがヘアサイクルの成長期を短くする原因だと考えられます。

成長期が短くなると頭髪が十分に成長する前に抜けてしまうので全体的に細く短い頭髪が多くなって薄毛が目立つようになるのです。